史学研究会

事務局

〒606-8501 京都市左京区吉田本町 京都大学大学院文学研究科内
TEL & FAX:075-753-2787 e-mail:SHR@bun.kyoto-u.ac.jp

史林

当会の会誌『史林』は、1916年(大正5年)の創刊以来、刊行を続けています。

会誌『史林』

バックナンバー一覧 リポジトリ掲載のバックナンバー

史林写真

史学研究会の会誌『史林』は、1916年(大正5年)の創刊以来、史学・地理学・考古学の総合学術誌として、幾多の論考を世に送ってまいりました。

あの第二次大戦末期の困難な時代にも、『史林』だけは停・廃刊することなく刊行を維持してきました。これは史学研究会のささやかな誇りのひとつです。

そして今後も、史学・地理学・考古学の研究に着実な基盤と斬新な展望をもたらす学術誌として、いっそうの飛躍を期しています。


最新号
← 前号
次号予定 →

第104巻 第2号(2021年3月)

【論 説】  
殷 捷

鎌倉・南北朝期における朝廷の官司制度とその変遷

【研究ノート】  
尹 敏志 『揚州十日記』の清末・民国期における受容
【書 評】  
橋場 弦

栗原麻子著『互酬性と古代民主制――アテナイ民衆法廷における「友愛」と「敵意」――』

田口 正樹

服部良久著『中世のコミュニケーションと秩序――紛争・平和・儀礼――』

沢山 美果子

森暢平『近代皇室の社会史――側室・育児・恋愛――』

大津留 厚 水野博子氏著『戦後オーストリアにおける犠牲者ナショナリズム――戦争とナチズムの記憶をめぐって――』
【紹 介】  
李 弘喆

張銘心著『吐魯番出土墓誌彙考』

桑林 賢治 金田章裕著『景観からよむ日本の歴史』

Pagetop