史学研究会

事務局

〒606-8501 京都市左京区吉田本町 京都大学大学院文学研究科内
TEL & FAX:075-753-2787 e-mail:SHR@bun.kyoto-u.ac.jp

史林

当会の会誌『史林』は、1916年(大正5年)の創刊以来、刊行を続けています。

会誌『史林』

バックナンバー一覧

史林写真

史学研究会の会誌『史林』は、1916年(大正5年)の創刊以来、史学・地理学・考古学の総合学術誌として、幾多の論考を世に送ってまいりました。

あの第二次大戦末期の困難な時代にも、『史林』だけは停・廃刊することなく刊行を維持してきました。これは史学研究会のささやかな誇りのひとつです。

そして今後も、史学・地理学・考古学の研究に着実な基盤と斬新な展望をもたらす学術誌として、いっそうの飛躍を期しています。


最新号
← 前号
次号予定 →

第101巻 第4号(2018年7月)

【論 説】  
小野木聡

唐における侍御史知雑事と御史台の変容

藤井讓治

徳川家康の叙位任官

【書評】  
藤内哲也

高田京比子著『中世ヴェネツィアの家族と権力』

吉澤誠一郎

上田貴子著『奉天の近代:移民社会における商会・企業・善堂』

小木曽航介

シュテファン・ヒューブナー著、高嶋航・冨田幸祐訳『スポーツがつくったアジア 筋肉的キリスト教の世界的拡張と創造される近代アジア』

【紹介】  
殷捷   

阿部泰郎著『中世日本の世界像』

李晐鎮   

池内敏著『日本人の朝鮮観はいかにして形成されたか』


Pagetop