史学研究会

事務局

〒606-8501 京都市左京区吉田本町 京都大学大学院文学研究科内
TEL & FAX:075-753-2787 e-mail:SHR@bun.kyoto-u.ac.jp

史林

史学研究会の会誌『史林』は、1916年(大正5年)の創刊以来、刊行を続けています。

会誌『史林』

会誌『史林』 > バックナンバー一覧 > 第105巻1号(2022年1月)

バックナンバー
← 前号
次号 →

第105巻 第1号(2022年1月)

【論 説】  
岩井 俊平

 バクトリアにおける都市の廃絶と交易ルート

藤本 猛

北宋「滅び」への道程―「二帝北狩」の成立

亀田 俊和

初期室町幕府体制の「滅び」 ―「三条殿」体制と将軍足利尊氏の大権行使

角田 哲朗

フルーフィー教団における終末論の一断片―サイイド・イスハーク・ア
スタラーバーディーの「時の終わり」に関する見解

梶 さやか

ポーランドとリトアニア、両国民の滅びと再生― 一八・一九世紀転換
期の社会と分割

森下 達

スペクタクル化する核ミサイル戦争―映画『世界大戦争』(一九六一
年)と特撮映画ジャンルの変容

外枦保 大介

旧産業地域ビルバオにおける縮退とレジリエンス―都市再開発、イノ
ベーション政策


Pagetop

 
当会概要